インプラントを受けよう|歯の根っこを育てる!

子供

早めの治療

歯科

虫歯は、口腔常在菌のうち、ミュータンス菌などが食べかすや唾液と結合して、歯垢として歯に付着します。これらの菌は、食品に含まれる糖質から酸を生成し、口腔内は歯が溶けやすい環境になります。これを繰り返すことで、症状が進行していきます。虫歯は、どれくらいの深さにまで症状が進んでいるかによって分類されます。C1はエナメル質、C2はより深い象牙質、C3は歯髄、C4では歯髄の先まで達した状態です。C1の段階で削って治療をせずに、経過を観察する歯科医師も多いです。虫歯は、治療することで進行を止めることができ、最近注目されている合併症を防ぐためにも有効です。症状のある部分を削ってから、そこに詰め物をします。

早期に治療することで、歯の残すことのできる部分が増えます。虫歯が進行すると、根本の治療が必要になり、最終的には歯が抜けてしまうこともあります。その場合には、インプラント治療で歯が抜けた部分を補うことができます。インプラントは入れ歯よりも自然な使用感で、見た目も良いので多くの方が受けている治療法です。歯を失ってしまうと、食べることに不自由することも多く、生活の楽しみ自体がなくなってしまうことがあります。一度治療した歯は再び虫歯になりやすく、早期に治療して削る箇所を小さくして、自分の歯を残すこ努力が必要です。定期検診などを活用して、歯の健康を保ってください。虫歯になってしまうと治療するのに費用が掛かってしまいます。虫歯を引き起こさなければ治療費用は発生することなく、生活費に回せますよね。